19/06/2019
Breaking News

資格とスキルの活かし方

超高齢化社会の波と共に、介護スタッフが活躍できる場所はどんどん増えてきています。そうした現状も踏まえ、介護現場で働くことができる人のニーズが昔よりも圧倒的に多くなっています。

介護の世界で活躍する場合、資格の有無で待遇が大きく変わってくるので、自分が今どんな資格を所有しているのかを見極めることが大事です。それにより、最適な職場と言うものを選ぶことが重要となります。介護系の仕事選びは、とにかく資格によってチョイスできる現場が変わるということを覚えておきましょう。

例えば、国家資格である介護福祉士を取得するだけでも大きく選択肢が増えます。選択肢が大きく広がれば、いろいろな職場から選ぶことができます。大手企業や、有名な大きい介護施設等で働けるチャンスも出てくるでしょう。大手の施設で活躍すれば、大きな自信をつけることにもつながります。

もし介護のスペシャリストを目指す場合、取得しておきたいのがケアマネージャーです。介護福祉士等の国家資格を所有し、その上5年以上働くことで、ケアマネージャーとして働けるチャンスが生まれるので覚えておきたいところです。ケアマネジャーの資格を取得すると、当然待遇もアップします。介護の仕事をしながら、人生をより充実させたいと感じているなら、必須とも言えるスキルです。

ただ、こうしたハイレベルなスキルを持ったとしても、その職場がきちんと評価してくれない現場であれば持っていても意味がありません。自分のスキルを高めながら、満足いく待遇を得たいのであれば、自分が所有している知識や経験をしっかり活かせる職場なのか、そしてその働きに見合った報酬がもらえる職場なのかを見極めることが大事です。